川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

第1位

藤島建設


藤島建設ロゴ


創業55年の豊富な実績を持つ工務店。自社栽培の国産材をしており、長期30年保証などメンテナンス体制なども充実しています。

来場予約はこちら

第2位

一条工務店


一条工務店ロゴ


さまざまな構法やノウハウを持ち、おもに木の家の注文住宅を手掛けています。趣向をこらした見学会も魅力的です。

来場予約はこちら

第三位

こもだ建総


こもだ総建ロゴ


国産材にこだわりをもつ、外断熱工法のパイオニア。ライフスタイルに合わせた立体的な設計をしてくれます。

来場予約はこちら

川口市の注文住宅工務店の評価ランキング » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » 建て替えを考えるタイミング

建て替えを考えるタイミング

現在住んでいる家は新しくないけれど建て替えるほうがいい?そんなことが頭をよぎったら建て替えのタイミングについて考えてみましょう。

建て替えを考えるタイミング

家族のライフスタイルの変化

「子どもが大きくなって自分の部屋をつくってあげたい」「子どもが独立して空き部屋が増えた」「親と同居する」「親の介護が必要・または必要になりそう」「自分自身が2階までのぼるのが辛くなった」…人生にライフスタイルの変化は付き物です。家族の人数・状態の変化に合わせた建て替えのタイミングはとても多いといわれています。

住宅自体の老朽化

「築年数が30年以上」「直しても直しても雨漏りがする」「屋根や外壁がボロボロ」「大きな地震への耐震が気になる」などずっと家族を守り続けてきた住宅自体の寿命が近いと思われる場面でも建て替えを検討する人は多いです。特に木造住宅の場合は「築30年」が大きな建て替えの目安になっています。

建て替えまでの工程

施工会社の情報を集める

「絶対にここにする」というこだわりがなければ2~3社で相談・見積もりを行って比較検討してみましょう。

合見積もりにより施工会社を決定する

合見積もりだけでなく、プランや担当者と信頼関係を築くことができるかなど総合的に判断して施工会社を決定しましょう。

住宅ローンの申請を行う

住宅ローンの審査が通るかを2~3社確認し、どのタイミングで支払い開始かとつなぎ融資が可能であるかなども合わせて確認しておきましょう。

解体業者を決定する

解体業者は施工会社が手数料をとって紹介する場合もありますし、自分で探すこともできます。自分で探すと手数料はかかりませんが、合見積もりをとることをおすすめします。

仮住まいを検討

現在の通勤や通学に影響がでないように、運び出した家電・家具が収納できるような場所をさがしておきます。

家の片付けを行う

仮住まいに持っていくもの、処分するものに分けます。粗大ごみの日の確認や引き取業者を探すなども合わせて行っておきましょう。

近隣への挨拶回り

工事中に騒音などで迷惑がかかる近隣への挨拶は工事着工までに。現場スタッフが代行してくれるところもありますので確認しましょう。

仮住まいへの引っ越し

万が一予定通りに引っ越せなかったことを考えて工事着工数日前までに引っ越し予定を立てておきましょう。

解体工事を行う

業者にお任せの部分ではありますが、分別を行いながら住宅を解体するため、2週間前後かかることがあります。

地盤調査・地盤改良を行う

更地になった時点で地盤調査を行います。強度があればそのまま次の工程にすすみますが、強度不十分であった場合は地盤改良が必要となります。

地鎮祭を執り行う

土地のお清めや土地の神様に新築の報告をすると同時に工事の無事を祈る儀式を行います。大抵は施工会社が段取りをします。

完成から引き渡し

完成したら施工会社と住宅をチェックし、本鍵の引渡しとなります。完了に伴う申請関係は施工会社が行います。引渡し後は住宅ローンの手続きが必要となります。