川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

川口市の注文住宅工務店の評価ランキング » 満足!納得!家づくりこだわりポイント

満足!納得!家づくりこだわりポイント

長く住める注文住宅を建てるなら、あらゆる面にこだわりたいもの。

このカテゴリでは、長寿命住宅に欠かせない耐震・耐久・健康・省エネの4つのポイントについて解説していきます。

1、耐震

地盤が軟らかいと言われている川口市ですが、エリアによって実際の強度は異なります。地盤の良し悪しについては地盤調査で知ることができるでしょう。調査で地盤の改善が必要と判断された場合は、補強工事によって地盤の改良を行います。

地震に強い家をつくるなら、まずは地震対策に用いられる耐震・免震・制震工法の違いをチェックしてみましょう。また、川口市で地盤の固いエリアを調べるのも重要です。この記事では具体的に地盤が固い地区をご紹介。さらには地盤が固いかどうか見分ける方法も説明しています。これを読んで、地震に強い家づくりを意識してみてはいかがでしょうか?

耐震について詳しくはこちら>>

2、耐久

家の耐久性を左右するのは、木材と基礎構造。木材は火に強くないイメージがあるかもしれませんが、実はコンクリート以上に耐火性があります。湿度の調節性能に優れており、結露を防いでくれるというメリットも。

劣化対策のメンテナンスをしっかり行うことによって、100年住み続けることもできるでしょう。注文住宅に使われる木材は無垢材と集成材の2種類。無垢材はシックハウスの心配がなく、身体にやさしいのが特徴です。一方、集成材は強度が安定しているという特徴があります。基礎構造はベタ基礎、布基礎、構造材の3通り。

底部一面がコンクリートのベタ基礎は強度が安定しています。布基礎は水平に連続した基礎のこと。構造材は柱・梁・土台・筋交いなどです。記事ではこれらの違いについて、さらに詳しく解説しています。

耐久について詳しくはこちら>>

3、健康

シックハウス症候群は化学物質を含む建築素材で発症します。具体的な症状は目のかゆみ、頭痛、鼻水、ぜんそく、アトピーなどです。これは住宅の気密性の高さも要因となっています。気密性の高い部屋には湿気がこもりやすく、シックハウス以外にもダニやカビなどの発生が懸念されることでしょう。気密性の高さと結露予防を同時にかなえるためには、外断熱の技術が求められます。

結露を防ぎ、ダニやカビの発生を抑えるためには十分な換気が効果的です。第1種換気設備は給気と排気を同時に行うもの。第2種換気設備は機械で外気を取り入れ、屋内の空気をダクトから自然排気。第3種換気設備は外気を自然に取り込み、機械で排気するものです。それぞれの特徴を解説します。

健康について詳しくはこちら>>

4、省エネ

省エネ住宅とは、国が定めたエネルギー基準に適合する住宅のこと。断熱・機密・防露・換気・日射遮断などの性能を持ち、使用するエネルギー量を節約できる住宅です。なかでも重要なのが高気密・高断熱の性能。冷暖房の使用を控えることができるので、省エネ効果が上がります。壁や床や天井に断熱材を使用し、窓を複層ガラスや二重サッシにして、冷暖房の効率を上げるのです。

川口市では地中熱を利用した省エネ注文住宅に補助制度を設けています。夏は涼しく冬は暖かいという特徴があるため、快適な住環境が手に入るでしょう。川口市の支援金を受けるにはいくつかの条件を満たさなければならないので、チェックしてみてください。地中熱を利用するためのヒートポンプの仕組みについても解説しています。

省エネについて詳しくはこちら>>

注文住宅のおしゃれなデザインをご紹介!

注文住宅の楽しみはデザインを決められること。モダンなデザインは、箱のような形の住宅など、ちょっと家らしくないスタイルが人気です。

昔ながらの和風デザインは現在も多くの人から選ばれています。庭を持った開放的な作りが特徴。和風建築にアレンジを加えた「和モダン」を選ぶ人も増えており、伝統的な建築のなかに現代風のデザインを取り入れているのが魅力です。

現在よく見かけるのが洋風建築。レンガ風やシンプルな配色を取り入れた住宅が多いです。洋モダンは現代風のモダンに洋風のテイストを取り入れています。日本ではあまり見かけないレンガ造りも、注文住宅なら可能です。アメリカンスタイルの建築も人気があります。

また、近年は小さな土地を活用するための3階建ての家も増えています。これらのスタイルについて詳しく見ていきましょう。

注文住宅のおしゃれなデザインをご紹介!>>

注文住宅を建てる前にできる収納対策2つとおすすめ収納方法3選

注文住宅は自分で間取りを考えられるため、どんな収納スペースを設けるか迷ってしまいがち。家を建てる前に、今の自宅の荷物量を把握しておくことが重要です。このとき、同時に要らない荷物を処分しておくと引越しが楽になります。収納場所も見直し、使用頻度にあわせて区別しておきましょう。

収納はあればあるほど便利ですが、それで部屋が狭くなってしまったら本末転倒です。暮らしていくために必要なだけの収納スペースを意識したほうがよいでしょう。

特に収納スペースを作っておきたい場所は、玄関近辺とキッチンとリビングです。玄関はアウトドア用品や普段履かない靴、キッチンは電化製品や食器、調味料類、リビングは生活でよく使うものを収納します。詳しい収納方法についてはこちらでチェックしてください。

注文住宅を建てる前にできる収納対策2つとおすすめ収納方法3選>>

建売住宅と注文住宅を費用・設備・満足度で比較!

建売住宅と注文住宅で迷っている人も多いでしょう。建売住宅は安いけれど、注文住宅の自由度の高さにも惹かれるという方は少なくありません。この記事では建売住宅と注文住宅を費用・設備・満足度の面で徹底比較。

費用は建売住宅に軍配が上がります。同じタイプの住宅をまとめて建てることで、部材のコストカットも実現。ただし注文住宅でも費用を抑えることは可能です。

設備は注文住宅のほうが充実しています。バリアフリー住宅も実現できるでしょう。

満足度も注文住宅が大きくリード。すでに仕様が決まっている建売住宅と比べ、注文住宅なら自分の好きな住宅が建てられるからです。

こちらでは各項目についてさらに詳しく解説しています。どちらがよいか迷っている人は必読です。

建売住宅と注文住宅を費用・設備・満足度で比較!>>

注文住宅を建てる時に必要な書類や手続は?

注文住宅を建てる際には書類や手続きが必要です。不動産を購入する機会は人生でもなかなかありませんから、どんな手続きをするのかわからない人も多いでしょう。特に注文住宅の場合、建売住宅とは異なる手続きが必要になります。

まず必要なのが金銭消費貸借契約。いわゆる住宅ローンの契約ですね。キャッシュで購入する人には不要となります。

次に必要なのが土地の売買契約。注文住宅の場合、先に土地を買っておかないと家を建てることができません。

注文住宅に特有なのが、工事請負契約です。住宅会社が用意してくれる書類がほとんどですが、購入者としてもどのような書類が必要なのか把握しておいたほうがよいでしょう。記事では詳しい内容について紹介しています。

注文住宅を建てる時に必要な書類や手続は?>>

川口市で新築一戸建てを建てるための住宅ローン活用術を解説!

住宅ローンを利用してマイホームを建てる際には住宅ローン減税が利用できます。この制度は住宅ローンの年末残高の1%を所得税から控除できるもので、10年間受けることが可能です。適用には5つの条件があります。

記事では詳しい内容について紹介しているので、利用を検討している人はぜひチェックしてみてください。住宅ローンの金利によっては、キャッシュで購入するよりローンを組んだほうが安く済むこともあります。詳しいことはファイナンシャルプランナーに相談するのもよいでしょう。

川口市で新築一戸建てを建てるための住宅ローン活用術を解説!>>

オール電化のメリット・デメリットを紹介

オール電化にするか、ガス電気併用にするか、迷っている人も多いでは?オール電化のメリットとしては、光熱費を節約できる点が挙げられます。ガス代がかからなくなるうえに、電気料金の安い深夜にお湯を沸かすため経済的です。火を使わないため、安全性が高いというメリットもあります。電気はガスと比べて災害からの復旧が早く、万が一のときでも安心です。

デメリットは火がないこと。特に料理をする際、IH調理器では火力が弱いと感じる人も多いようです。また、使い方によっては光熱費が上がってしまうことも。貯湯タンクのデメリットもあります。

この記事ではメリット・デメリットを詳しく解説しているので、オール電化を検討している人はぜひご覧ください。

オール電化のメリット・デメリットを紹介>>

税金

建築費さえ用意すれば注文住宅を建てられると思っていませんか。注文住宅を建てるにはいくつかの税金も納めなければなりません。ケースによっては予想外の出費を強いられることもあります。この点を見逃していると、資金計画に狂いが生じるかもしれません。注文住宅にはどのような税金が掛かるのでしょうか。気になる方に向けて、土地取得時・建物取得時にかかる税金のほか、住むにあたりかかる税金や利用できる減税措置などを解説します。このページを参考にすれば、どのような税金がどれくらいかかるかわかるはずです。注文住宅にかかる税金を理解したい方や税金も含めて資金計画を立てたい方などは参考にしてください。理想の注文住宅を賢く建てられるはずです。

税金ついて詳しくはこちら>>

川口市で理想の注文住宅を建てるまでの流れ

住みやすい注文住宅を建てるためには、自分や家族がどんなふうに住みたいかイメージする必要があります。住まいに何を求めているのか、紙に書いていくとよいでしょう。イメージが固まったら工務店やハウスメーカーに相談します。予算についてもちゃんと決めておきましょう。複数の工務店やハウスメーカーに相談して、複数社から見積もりを取るのがおすすめです。

どのハウスメーカーがよいのか迷ってしまうという方は、ぜひモデルハウスに足を運んでみてください。理想の我が家を建てるためには、信頼できるハウスメーカーに依頼するのが第一です。どんな家づくりをしているのか、しっかり見ておきましょう。この記事ではハウスメーカーへの依頼の流れをまとめました。

川口市で理想の注文住宅を建てるまでの流れついて詳しくはこちら>>

川口市の注文住宅にまつわる相談はどうすればいい?

注文住宅を建てるからには、絶対に失敗したくないと思うもの。しかし注文住宅を何軒も建てる人は稀ですから、たいていの方は「初めてでどうしたらよいのかよくわからない」というのが本音でしょう。疑問が生じたらプロに相談することが大事です。

注文住宅を建てる際、間取りに悩む人も少なくありません。家族の意見がまとまらず、困ってしまう人も多いものです。これも、プロに相談することである程度解消できるでしょう。

注文住宅を建てるのはワクワクする反面、家族内で意見の衝突が起こることも考えられます。素敵なマイホームで新生活をはじめるためにも、この試練を乗り越えることが必要です。詳しい内容についてはこちらの記事で解説しています。

川口市の注文住宅にまつわる相談はどうすればいい?>>

川口市で理想の注文住宅を建てるためのポイント

理想のマイホームを建てるためのポイントはいくつかあります。大切なのは理想と現実のバランスをとることです。思いつく限りの理想をすべて実現しようとすると、費用的に難しくなってくるでしょう。憧れの設備を取り入れたものの、現実は違っていたということも少なくありません。

気になる点はモデルハウスで実際の設備を見てチェックすることをおすすめします。モデルハウスは勧誘が不安という方も多いかもしれませんが、気にせず断れば大丈夫です。いざ注文住宅を建てることになったら、じっくり話し合いを重ねて、納得のいく家づくりを目指しましょう。詳しいことはこちらでチェックしてください。

川口市で理想の注文住宅を建てるためのポイント>>

購入前に!住宅の種類と特徴を確認しよう

新築住宅には様々な選択肢があります。その中の一つが注文住宅です。注文住宅は大きくフルオーダー住宅とセミオーダー住宅に分かれます。これらにはどのような違いがあるのでしょうか。メリット・デメリットと合せて詳しく解説します。新築住宅のもう一つの選択肢が建売住宅です。建売住宅にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。これらについても解説します。このページを参考にすれば注文住宅の良い点・悪い点、建売住宅の良い点・悪い点がわかります。自分の希望に合っている家を探している方は参考にしてください。

購入前に!住宅の種類と特徴を確認しよう>>

二世帯住宅を建てるin川口 ~ 登記・税金・トラブル回避

川口市で二世帯住宅を建てたいと考えている方は多いはず。二世帯住宅を建てる時は、通常の住宅を建てる時と異なる点に注意しなければなりません。家の建て方や登記の仕方が異なるからです。二世帯住宅は建て方により、単独型・部分共有型・完全分離型に分かれます。登記の仕方は単独登記・共有登記・区分登記に分かれます。それぞれ、特徴やメリット・デメリットが異なるのでよく理解してから選ぶことが重要です。選び方を間違えると、家族間のトラブルや無駄な税金が生じる恐れがあります。このページでは、二世帯住宅を建てる前に押さえておきたいポイントを解説しています。トラブルを避けたい方や不必要な税金を払いたくない方などは参考にしてください。

二世帯住宅を建てるin川口 ~ 登記・税金・トラブル回避ついて詳しくはこちら>>

ローコスト住宅のコツ

お手頃な価格で住宅を建てられると人気のローコスト住宅。費用を抑えつつ注文住宅を建てたい方は、ローコスト住宅を選ぶとよいかもしれません。ローコスト住宅を建てている工務店・ハウスメーカーの中には、注文住宅に対応しているところがあります。建築費は、いくつかのポイントに気を付けることで抑えることができます。具体的に、どのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか。注文住宅あるいはローコスト住宅の費用を抑えるポイントを解説します。併せて、川口でローコストな注文住宅に対応している住宅会社も紹介します。このページを参考にすれば、川口でコストを抑えながら注文住宅を建てるポイントが分かるはずです。興味のある方は参考にしてください。

ローコスト住宅のコツついて詳しくはこちら>>

住宅工法の種類や特徴とは?川口市の地形や地盤についても解説

住宅住宅の建築工法は主に、木造軸構造、ツーバイフォー工法、RC造、鉄骨造の4種類となっています。それぞれの特徴やメリットデメリットを確認し、マイホームのプランニングを進めていきましょう。また、住宅を建てる地盤についても知っておく必要があります。川口市の地盤についても合わせて解説していきます。

建築工法の種類や特徴とは?>>

建て替えのタイミング・ポイントは?

住宅の建て替えを検討するタイミングは家族の人数の増減やライフスタイルの変化、老朽化への不安に伴うものが多いと言われています。建て替え時にはさまざまな工程があるため、建て替えの流れ・ポイントも順を追って説明しています。

川口市の注文住宅建て替えのタイミング・ポイントは?>>

補助金・助成金制度

新築住宅を購入する際に利用したい補助金・助成制度。

賢く満足度の高い家づくりをするためには、制度利用の要件は押さえておくべきでしょう。補助金・助成金制度には、国土交通省により定められた制度のほか、各市町村によって定められた制度など様々な種類があります。併用が可能なものもあるため、どのような種類があるのかについても知っておいて損はありません。

今回は川口市で新築住宅を購入する際に利用可能な4つの制度についてピックアップしてみました。それぞれの制度の特徴と要件、補助金額についても確認しておきましょう。

補助金・助成金制度>>

川口市で注文住宅を平屋で建てる際のポイント

新築注文住宅の購入を検討する人のなかでも、最近人気の家づくりが“平屋の家”です。フラットなつくりの平屋住宅は、子育て世代から年配の方まで幅広い層に注目のデザインといえるでしょう。

平屋の注文住宅で希望の間取りやデザインを実現させるには、2階建て住宅と異なる注意すべきポイントがいくつかあります。満足のいく家づくりをするためには、建築基準法などの制限を知り、それらに応じた土地探しなど事前準備も必要です。それらを含む4つの注意すべきポイントについて解説していますので、まずはチェックしておきましょう。

また、平屋の家づくりのメリットについても紹介しているので、どのような家づくりをするか検討中の人も参考にしてみてください。

川口市で注文住宅を平屋で建てる際のポイント>>

ZEH住宅

今や多くのハウスメーカーや工務店で対応しているZEH住宅。性能の高さが魅力の住宅ですが、一般の住宅との違いやどのような特徴があるのかも確認しておくことがおすすめです。実は、ZEH住宅と呼ばれるためには省エネ・創エネなど性能にも要件があり、いくつかの種類があることもポイント。

家計にも環境にも優しいとされるZEH住宅のメリットのほか、知っておくべきデメリットについてもまとめました。メリット・デメリットを踏まえて、自分たちの家づくりに採用するかを検討してみてはいかがでしょうか。

ZEH住宅>>

リビング設計のポイント

家族団らんの代表的な場所といえばリビング。家づくりの中でも、リビング設計は家のイメージを決定づける重要なポイントといえます。今回は、快適な空間づくりのために覚えておきたい4つのポイントを紹介しています。

リビングはデザインだけでなく、使い勝手の良さも重要。どちらのこだわりも叶えるためのデザインや収納など、メリットとデメリットもあわせて解説していますので、設計の際に採用を検討してみるのもおすすめです。

リビング設計のポイント>>

水回り設計のポイント

家づくりの際に意外と忘れがちなのが水回りの設計です。デザインに気を配る人は多いものの、配置や導線まで考慮して設計するケースは稀かもしれません。しかし、毎日使用するキッチンやお風呂、トイレなどは暮らしやすさを左右する大切なポイントです。

ここでは、水回りの設計で参考にしたい6つのポイントについて解説しています。子どものいる世帯におすすめの設計方法や永く暮らす家だからこそ配慮したい点まで、自分たちの家づくりに合った水回りの設計を考えてみましょう。

水回り設計のポイント>>

ベランダ設計のポイント

理想の家をつくるには、ベランダもこだわって設計する必要があります。ベランダ設計の前には、住宅展示場や見学会に足を運び、実際にどのくらいの広さになるのか体感しておくことをおすすめします。 人によって「理想のベランダ像」は異なるため、どのような用途でベランダを使おうとしているのか、改めてじっくり考えてみましょう。 またここでは、ベランダ設計での失敗談についてもまとめています。他人の失敗談をあらかじめ知っておくことで「失敗しないベランダづくり」を叶えることができます。
ベランダ設計のポイント>>

防音対策のポイント

「音」は暮らしの質を左右するものですから、住宅を建てる際には、防音対策が欠かせません。ここでは、防音対策でチェックしておきたいポイントを「気密性と断熱性」「建築構造」「間取りの工夫」の3つに分けて紹介しています。さらに、騒音の種類についてもまとめました。記事を参考に、家を建てる前の段階から防音対策について考えておくことで、快適な住まいを実現できるでしょう。
防音対策のポイント>>

住宅を建てる際に検討したい保険

マイホームを建てる際には、予算や施工期間、設計やデザインなど、考えなければならないことがたくさん。保険にまで頭が回る人はあまりいないかもしれません。しかし、日本は地震が非常に多い国です。火災や落雷など、その他の災害もいつ起こるかわかりません。もしもの時に安心できるように、保険加入について十分に検討しておいたほうがいいでしょう。 ここでは、注文住宅を建てる際に検討すべき保険の種類と、その補償範囲についてまとめました。
住宅を建てる際に検討したい保険>>

土地の探し方

マイホームを建てるには、まず土地がないと始まりません。希望する全ての条件を満たし、なおかつ予算範囲内の土地にはなかなか巡り会えませんから、自分の中で譲れない条件と妥協できる条件をはっきりさせておくことが必要です。 ここでは、土地探しのポイントや流れについて紹介しています。さらに、建ぺい率・容積率、住宅造成区域といった、土地探しの際に抑えておきたい用語についても解説していますので、ぜひチェックしてみてください。
土地の探し方>>

注文住宅の動線を設計する際のポイント

注文住宅の間取りを考える際には、動線を意識して決めましょう。動線とは、人が行き来する道を線でたどったもののこと。動線がシンプルであればあるほど、家の中で快適に効率よく過ごすことができます。 ここでは、主に家事をスムーズにこなすための家事動線について解説しています。キッチンの家事動線、水回りの家事動線、掃除の際の家事動線などについて説明していますので、効率よく暮らせる住まいをつくりたい人はチェックしてみてください。
注文住宅の動線を設計する際のポイント>>
関連記事一覧