川口市のおすすめ注文住宅会社3選

川口市のおすすめ
注文住宅会社3選を見る

川口市のおすすめ注文住宅会社3選 » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » 子育てしやすい家を注文住宅で建てられる?

子育てしやすい家を注文住宅で建てられる?

こちらでは子育てしやすい家を、注文住宅で建てるために必要となる各種のポイントをご紹介。とりわけ重要な全体の間取り、リビング、収納部分、玄関部分について、それぞれ詳しく掘り下げて解説しています。子育て世帯の方々の、家づくりの参考にしてみてください。

子育てしやすい間取りのポイント

家全体の間取りを、子育てという観点から見ていきましょう。欧米の子育ては子どもの自主性を重んじるのに対し、日本の育児を重視するというのが大きな特色。また年齢が幼いほど、自分の部屋があっても、リビングなどで、親御さんと一緒に過ごしたがる傾向も。お子さんの年齢に応じ、注文住宅の間取りは、これらの要素を考慮して決めるとのが賢明です。

リビング

前述しました要素を鑑みると、リビングはなるべく広めで、なおかつダイニングキッチンとも繋がっているのはお勧めのレイアウトと言えます。キッチンで家事をしながら、リビングのお子さんの様子を確認できるのは重要なポイントで、家族間のコミュニケーションもより促進されます。

その他にも、例えばリビングの一角を畳みのスペースにするとお子さんのお昼寝や、親子で川の字で就寝といったことに活用できます。また子供部屋とは別に、お子さんの勉強スペースをリビングの一角に設置するというのも検討してはいかがでしょうか。

収納部分

家の中が散らかってしまうのは子育て世代に限らず、どの家庭にも起こりがちな問題ですね。とりわけお子さんが小さいほど、おもちゃなどを遊んだままほったらかしというのは日常茶飯事です。そうした状況を防止するには、収納スペースを充実させておくことが有効手段。

特にウォークスルークローゼットは、お子さんが苦手な戸の開け閉めが不要なので、片付けの習慣が自然に身につく効果が期待できます。また将来的な成長を見据え、スポーツ用品などを収納できる土間収納や衣類などのウォークインクローゼットが設置できるかどうかも検討しておくとよいでしょう。

玄関部分

リビングと玄関の位置関係も、子育てに重要な意味があります。お子さんが成長し就学した際、リビングと玄関が直結している間取やリビング階段を設けた間取りであれば、学校から帰宅した際の様子を確認しやすくなり、また自然なコミュニケーションが取りやすくなります。

子育てしやすい家で子供を育てよう

改めて申し上げるまでもなく、子育てというものは想像以上に大変で気苦労も絶えません。そうした負担を多少なりとも軽減してくれるのが、子育てしやすい家なのです。その実現には、上記でご紹介したお子さんの習性や傾向、成長に応じた変化といったものを見据えて、間取りやデザインを検討するというのが不可欠です。

そうした作業もまた、建売住宅や分譲マンションなどでは体験できない、一戸建て注文住宅ならではの楽しみであると言えるでしょう。本ページの内容が、家づくりのヒントとなれば幸いです。