川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

第1位

藤島建設


藤島建設ロゴ


創業55年の豊富な実績を持つ工務店。自社栽培の国産材をしており、長期30年保証などメンテナンス体制なども充実しています。

公式HPはこちら

第2位

一条工務店


一条工務店ロゴ


さまざまな構法やノウハウを持ち、おもに木の家の注文住宅を手掛けています。趣向をこらした見学会も魅力的です。

公式HPはこちら

第三位

こもだ建総


こもだ総建ロゴ


国産材にこだわりをもつ、外断熱工法のパイオニア。ライフスタイルに合わせた立体的な設計をしてくれます。

公式HPはこちら

川口市の注文住宅工務店の評価ランキング » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » 川口市で理想の注文住宅を建てるためのポイント

川口市で理想の注文住宅を建てるためのポイント

川口市で理想のマイホームを手に入れたいと思った時、まずなにをすればいいのでしょうか。住まいづくりの初心者なら、ネットや雑誌で調べたり、既に注文住宅を作った経験のある知人に話を聞いたりなどするでしょう。

しかし、様々な方法で情報収集していると、何が本当に重要なのか、逆に見えなくなってしまうこともあります。注文住宅を建てるための本当に大切なポイントは、どのようなことなのでしょうか。

理想と現実のバランス調整を念入りに

誰にも、理想の我が家はあります。工務店やハウスメーカーのホームページに掲載されている写真や、雑誌や本などで紹介されている写真などを見ると、夢のようなイメージは膨らんで、どれも実現させたいと思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、理想を理想のまま実現させるのは、実際には難しいことです。まず予算の問題があります。いくらでも際限なくお金をかけることのできる幸福な人も、世の中にはいるかもしれませが、多くの人は、決められた予算の中で、できる限り理想に近い注文住宅を建設するための計画を立てていくことになります。

理想と現実は違うので、その落としどころを念入りにバランス調整していかなければなりません。

また、理想ばかりを考えて間取りや設備を決めてしまったら、実際に住み始めて不便さに気づくこともあります。

たとえば、リビングに大きな吹き抜けを作って、開放的な雰囲気にしたいと思っていたら、実際に暮らし始めてみると、音は響いて落ち着かないし、エアコンが効きにくく夏は暑くて冬は寒いリビングになってしまったということもあります。

雑誌で見たアイランドキッチンに憧れて、採用したら、吊り戸の収納がないことに気づかず、キッチンの収納不足で、なかなか片づかないキッチンになってしまったということもあるようです。

家は、理想と憧れだけで決めてしまっては、現実がついていかないことがあります。実際に住んだ時にどんな感じになるかを、きちんとシュミレーションしたり、家づくりのプロや経験者に具体的な話を聞いたりして、現実も見ながら、どうしても外せないこだわりがどこなのかを考えて、理想と現実のバランスを調整していきましょう。

気になる場合はモデルハウスを見学

理想のマイホームに憧れ、ネットや雑誌などで様々な写真を見て、イメージを膨らませるのは悪いことではありませんが、気になる工務店やハウスメーカーがあったら、モデルハウスを見学しておくと、実際の家の雰囲気やデザイン、設備などがとても分かりやすく、安心です。

百聞は一見に如かずというとおり、こればかりは実際に見るに限ります。写真で見ただけでは、おしゃれで住み心地のいい家に見えたけれど、モデルハウスを見学してみたら、意外に安っぽい作りだった、ということもあるし、逆に、写真ではそれほどまでは思わなかったけど、実際に見てみたら、写真では分からなかった細かいセンスが気に入った、などと、モデルハウスを見学しなければ知ることのできないことはたくさんあります。

ただ、モデルハウスを見学すると、アンケートで連絡先を記入しなければならないこともあり、そうすると営業の人が訪れることも多いようです。そうなると、実際に依頼するのは一社なので、それ以外は断ることになります。断ることに苦手意識のある人は、モデルハウスに足を運ぶことにためらいを感じることもあるかもしれません。

しかし、マイホームづくりは、人生最大になるかもしれない大きな買い物です。そのようなことを気に病んでいては、後悔することもあるでしょう。

実際、営業の方は、断れられることに慣れている部分もあり、断られたからといってそれを引きずっていては仕事にならない面もあります。断られたら、また次の営業先に行くために気分を切り替えることでしょう。

断る側は、とても気にしても、断られる営業の人は、それほど気になっていない場合がほとんどなので、臆することなくモデルハウス見学をして、臆することなく断っても大丈夫といえます。

納得の行く家造りを目指す

注文住宅を建てるのは、非常に大きな買い物なので、熟慮に熟慮を重ね、納得のいく家づくりを目指したいものです。

そのためには、施工が始まる前の準備期間に、できればたっぷりと時間をとることをおすすめします。依頼する工務店やハウスメーカーを決めてしまったら、担当者が施工日をせかすような態度をとることがあります。しかし、それに促されることなく、納得のいくまで間取りや設備を考え、後悔しないような図面を完成させてから、施工に入るようにすることをおすすめします。

施工が始まってから変更したい部分が出てきても、言い出しにくいことがあるし、変更を申し出るのにためらいはなかったとしても、工事期間が延びると、工事担当者の日当や工事機器のレンタル料などが高くつき、予定より費用がかかることもあります。

マイホームづくりは、その過程がとても楽しかったいう人がいる一方、家族で意見がまとまらず大変だった、という人もいます。しかし、どちらの場合でも、結果、家族の絆が深まったということも多いようです。

楽あれば苦あり、雨降って地固まるなどということわざのとおり、マイホームづくりには、大変なことも良いこともあるものです。そのすべてを楽しみながら、理想のマイホームを手に入れてください。

建築会社選びは慎重に

注文住宅を建てるときは、どこかの建築会社へ依頼することになりますが、その際の建築会社選びはとても重要です。なぜなら、建築会社にはいくつかの種類があり、種類ごとに特徴や得手不得手があります。それを見極めることなく適当に依頼先を選んでしまうと、理想の家を建てることはできないからです。

建築会社の種類は大きく分けて3つ。すなわち「ハウスメーカー」「工務店」「建築設計事務所」があります。ハウスメーカーは、高い知名度と豊富な実績があり、コストを抑えられるのがメリットです。一方、ユーザーの希望条件に応じて細かくプラン作成できないなど、柔軟性に欠けることが懸念されます。

工務店は、コストパフォーマンスの良さと設計における自由度の高さが魅力です。反面、提案力が弱い、工期が長くなりがちなどのデメリットもあります。建築設計事務所は、設計力の高さとデザイン力が持ち味です。ただし、自分の好みに合わない設計事務所を選んでしまうと、希望通りの家が建たない可能性もあるでしょう。

建築会社には大まかに3つの種類があり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。その点をよく理解した上で本人の希望条件や好みにピッタリな建築会社を選びましょう。

間取りを決めるときは多方面からの検討を

どのような間取りにするかという問題は、注文住宅を建てる際のとても重要なポイントとなります。間取りは暮らしに大きな影響を与える要素であり、決め方によって快適にもなれば不便にもなるからです。

一般的に、間取りは広さを重視して決めるという考え方がありますが、残念ながらそれだけでは十分とはいえません。間取りを決めるときは、他にも様々な要素を考慮して総合的に決定する必要があります。

具体的には、冷暖房の効率性、生活動線、クローゼットや棚、吹き抜けの有無、プライバシーの確保、生活音、外部環境、ニオイの広がり方、将来のリフォームといった要素について、間取りを決めるときに考慮すべきです。いずれも内観の印象や生活利便性、快適性に関わる問題であり、これらを考慮せず間取りを決定すれば、見た目は良くても住み心地の悪い家になってしまう可能性があります。

注文住宅は一生の買物になるので、間取りを決めるときは、できるだけ多くの要素を考え合わせ、多方面からの検討を行うことをおすすめします。

 

この記事の関連のページ