川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

川口市の注文住宅工務店の評価ランキング » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » 住宅を建てる際に検討したい保険

住宅を建てる際に検討したい保険

川口市で注文住宅を建てる際に検討しておきたい保険の種類について,紹介していきます。各保険の補償の特徴,住宅や家財などが災害で被害に遭った時の補償範囲も紹介しているので、参考にしてみてください。

火災保険

火災保険という名前を聞くと火事に関する保険のようにも感じますが、火災保険は住宅の建物部分が災害や爆発などで壊れてしまった場合に保証を行う保険となります。火災保険の補償範囲は幅広く、「地震保険」「家財保険」の基盤にもなっている保険です。また、火災保険に入っていないと加入できない場合もあります。

火災保険の補償範囲

火災保険での基本の補償範囲は火災・落雷・破裂・爆発で、この部分に関してはどの保険であっても同じ補償内容となっています。風災・ヒョウ災・雪災・水災といった災害に関しては加入者が立地条件やリスクなどを考えて補償範囲を選択する形となっていることが多いです。同じ住宅に関連するものでも生活用品に関しては火災保険では補償されず、家財保険の補償範囲となっています。

また、地震に関する被害も火災保険の補償範囲外のため、個別に地震保険に加入する必要があります。

地震保険

地震保険は火災保険の補償の対象外となっている地震や地震によって、引き起こされた津波などに関する家財や建物の被害を補償する保険です。火災保険の30~50%で補償額が設定されており、地震保険のみで加入することはできない場合が多いです。

地震保険の補償範囲

地震保険は被害状況を「全損」「半損」「一部損」の3段階で評価し、その段階に応じた保険金を支払います。建物は5000万円、家財は1000万円が保証の上限の目安となっています。

地震保険では地震や地震による津波で被害に遭った建物・家財を保証してもらえますが、 30万円を超える宝石や貴金属・現金は対象外となっているので注意が必要です。

家財保険

家財保険は火災保険では補償できない住宅の生活用品・家具や家電といった家財を補償する保険です。また盗難や水漏れ、偶然起きてしまった破損なども保証してもらえます。

家財保険は基本的に火災保険と一緒に加入する必要がある場合が多いですが、総合的な火災保険や自由設計型の火災保険として家財保険の補償範囲が火災保険に設定できる場合もあります。

家財保険の補償範囲

火災保険は住宅の建築物部分を補償する保険であるのに対して、家財保険は住宅の生活用品・家具や家電といった家財を補償する保険です。災害の補償に加えて、盗難や水漏れ・偶然起きてしまった破損なども保証してもらえます。

加入するタイミングは?

保険に加入する場合は住宅の引き渡し日に効果が発生するようにすることが基本で、加入は引き渡し日の2週間前を目安に行うことが大切です。書類提出や内容確認で数日かかってしまうこともあるので、早めに進めていきましょう。どのような保険に加入するかを検討するのは、1ヶ月半~2ヶ月前から始めておくとスムーズに進められます。