川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

第1位

藤島建設


藤島建設ロゴ


創業50年の豊富な実績を持つ工務店。自社栽培の国産材をしており、長期30年保証などメンテナンス体制なども充実しています。

公式HPはこちら

第2位

一条工務店


一条工務店ロゴ


さまざまな構法やノウハウを持ち、おもに木の家の注文住宅を手掛けています。趣向をこらした見学会も魅力的です。

公式HPはこちら

第三位

こもだ建総


こもだ総建ロゴ


国産材にこだわりをもつ、外断熱工法のパイオニア。ライフスタイルに合わせた立体的な設計をしてくれます。

公式HPはこちら

HOME » 川口市の地域別・土地価格 » 新郷地区

新郷地区

川口市新郷地区の土地価格と相場についてまとめました。さらに、新郷地区の特徴を詳しく紹介しています。

注文住宅購入の際は、是非参考にしてみてください。

川口市新郷地区の公示地価・調査地価(2018年)

新郷地区の特徴を紹介

毎日のお買い物は便利の行えるかも

交通の便はあまり良くない新郷地区ですが、毎日のお買い物は便利に行えます。地区内にスーパーが点在しているからです。

具体的には、肉、魚、野菜などをお手ごろ価格で購入できるマルヤ赤井店、サミットストア川口赤井店などがあります。サミットストア川口赤井店は、焼き立てパンやコーヒーマシーンなども用意しているのでゆっくりとお買い物したいときにも利用できます。

残念ながら、週末のショッピングなどを楽しめる施設は少ないですが、毎日のお買い物であれば新郷地区内で不便なく行えるはずです。

子どもが遊べる公園も充実

新郷地区には、子どもが遊べる公園も充実しています。

例えば、マルヤ赤井店の近くには子どもたちが遊べる広場と遊具を揃えた赤井公園があります。トイレもあるのでゆっくり遊びたいときに最適です。以上のほか、地域のイベントが行われることもある蓮沼公園、江戸袋公園、新郷高畑公園などもあります。

各エリアに公園が点在しているので、遊び場に困ることはありません。また、緑を身近に感じることができます。

新郷地区の災害情報

新郷地区で注文住宅を建てるときに気を付けたいのが災害です。川口市は、洪水・浸水や地震などの被害に注意を呼び掛けています。具体的に、どのような被害が予想されているのでしょうか。新郷地区の災害情報を紹介します。

洪水・浸水

川口市は、72時間・総雨量632mmの雨で荒川の堤防が決壊などした場合、広いエリアで浸水すると考えています。新郷地区の一部も浸水すると考えられているので、注文住宅を建てる方は注意しましょう。

特に、浸水の被害を受けやすいと考えられているのが新郷地区南西部です。赤井1丁目・赤井2丁目・赤井4丁目・江戸1丁目・江戸2丁目江戸3丁目・江戸袋1丁目・江戸袋2丁目・本蓮3丁目・本蓮4丁目などでは、浸水深が0.5m~3m未満になる恐れがあります。この周辺でも浸水深0.5m未満に達する恐れがあるので、町名を挙げていない地域に注文住宅を建てる方も油断はできません。浸水継続時間(浸水深0.5m未満になるまでかかる時間)は、新郷地区南西部で72時間、その周辺で24時間と考えられています。幸いなことに、新郷地区で「家屋倒壊など氾濫想定区域」に指定されているエリアはありません。

ただし、シミュレーションは対象河川以外の氾濫や想定を超える雨量、内水による氾濫などを考慮していません。この点には十分な注意が必要です。

参考: 川口市|防災本「荒川洪水浸水想定区域図(詳細版①)」

参考:川口市|防災本「荒川洪水浸水想定区域図(浸水継続時間)」

地震

川口市は、東京湾近郊でマグニチュード7クラスの地震が起きた場合、新郷地区も大きく揺れると予想しています。具体的には、新郷地区全域が震度6弱の揺れに見舞われると考えられています。注文住宅を建てる方は、十分な地震対策が必要かもしれません。

地震で気を付けたいのが液状化です。榛松中学校周辺のエリアと新郷地区中央西側のエリアは、液状化の危険度が極めて高いと評価されています。これらのほかでは、新郷地区北部、南部も液状化のリスクが高いと評価されています。建物に影響を与える可能性があるので、注文住宅を建てるときに対策を検討しましょう。

参考:川口市|防災本「地震の揺れやすさマップ(詳細版①)」

参考:川口市|防災本「地盤の液状化危険度マップ」

 

この記事の関連のページ