川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

HOME » 川口市の地域別・土地価格

川口市の地域別・土地価格

川口市を構成する、中央地区・横曽根地区・青木地区・南平地区・新郷地区・神根地区・芝地区・安行地区・戸塚地区・鳩ヶ谷地区の土地価格相場を紹介しています。

地域別・川口市の土地価格と環境を徹底調査

川口市は合併を繰り返して広がった大きな市であるため、土地の価格にはかなりの差があります。同じ地区でも価格に開きがあるので、よく調べて検討するようにしてください。

また、各地域の特徴や歴史、住環境(最寄駅からのアクセス方法やショッピング施設など)、観光スポットや公共施設についての情報もまとめました。

どのようなライフスタイルを望むかで地域の選び方も変わって来ますので、ぜひ参考にしてください。

一般的に、都心への通勤・通学を考えているなら、JR京浜東北線や埼玉高速鉄道線へのアクセスが良好な地域が◎。

自然豊かでのんびりした環境を選ぶなら、駅からバスでアクセスするような荒川周辺の地域などがオススメです。

古い街並みが残る昔ながらの地域もありますので、そういった点を楽しむのも川口市の魅力と言えるでしょう。

あなたにぴったりの環境を探すお手伝いができれば幸いです。

中央地区 950,400円
横曽根地区 363,875円
青木地区 210,143円
南平地区 188,286円
新郷地区 135,500円
神根地区 142,286円
芝地区 200,125円
安行地区 138,571円
戸塚地区 202,000円
鳩ヶ谷地区 154,167円

中央地区

【金山町・川口・幸町・栄町・舟戸町・本町】川口市の南部に位置する中央地区。JR川口駅、埼玉高速鉄道川口元郷駅に挟まれるような形になっています。現在の本町1丁目が川口発祥の地と言われる、由緒のあるエリアです。川口駅前には商業施設も充実しており、買い物に便利。公共施設「キュポ・ラ」もあり、行政センターや中央図書館、その他商業施設が入っています。地域交流が盛んで活気ある中央地区の地価や特徴をまとめました。

横曽根地区

【川口4~6丁目・西川口・飯塚・飯原町・原町・宮町・緑町・南町・荒川町・並木1~4丁目・並木元町】

川口駅から西川口駅の西側に位置する横曽根地区。西川口駅・川口駅からは東京方面へのアクセスも良いことから、ベッドタウンとして人気があります。個人商店や大型スーパーなど商業施設も充実しており、住みやすいエリアです。また、市と地元商店街の取り組みで、西川口駅西口はB級グルメのお店が集まっていることでも知られています。そんな横曽根地区の地価や特徴をチェックしてみてください。

青木地区

【青木・上青木・上青木西・中青木・西青木・前上町・前川・前川町・南前川】

青木地区は新芝川の西側にあるエリア。川口市役所などの行政機関が集まっています。最寄りの川口駅や川口元郷駅などからは都心へのアクセスも便利です。保育所や公民館も多いことから、住民の交流が盛んなのが特徴。また、青木5丁目の川口オートレース場は全国最大規模のオートレース場。敷地内には交通児童公園があり、地元の幼稚園児や小学生の交通指導に活用されています。青木地区の地価や特徴についてまとめました。

南平地区

【朝日・新井町・河原町・末広・東領家・元郷・弥平・領家】

南平地区は川口市の南端にあり、東京都足立区・東京都北区と接しています。昭和までは工場地帯で、古くから鋳物の町として知られていました。現在は東京のベッドタウンとして開発されています。荒川河川敷の豊かな自然に恵まれているのもうれしいポイント。最寄りとなる川口元郷駅前にはショッピングモールもあり、買い物にも便利です。南平地区の地価や特徴についてチェックしてみてください。

新郷地区

【赤井・東本郷・蓮沼・前野宿・東貝塚・大竹・峯・新堀・榛松・新堀町・本蓮・榛松・赤井・東本郷・江戸・江戸袋】

新郷地区は川口市の東端に位置し、足立区や草加市と接しています。駅からは少し離れており、車での移動が便利です。新郷スポーツセンターにはテニスコートや競技場、体育館があり、一般利用も可能。スポーツで健康増進を目指す人におすすめです。また、江戸袋では川口市の無形民俗文化財として認められた伝統芸能「三頭立獅子舞」が見られます。新郷地区の地価や特徴についてまとめました。

神根地区

【赤芝新田・赤山・新井宿・安行領在家・安行領根岸・石神・木曽呂・源左衛門新田・神戸・在家町・西新井宿・東内野・道合/北園町・柳根町・柳崎の一部】

川口市の北中部にある神根地区は農地が多く、緑豊かなエリアです。川口市立グリーンセンターは日本の都市公園100選に選ばれました。四季折々の植物を楽しめるうえに、流水プールやスケートリンクのようなレジャー施設もあります。地区の南部にある新井宿駅の開業以来、住宅地化が進んでいますが、場所によっては緑も多く残されていて林業が盛んな地域です。神根地区の地価や特徴についてまとめました。

芝地区

【伊刈北園町・小谷場・大字芝・芝・芝下・芝新町・芝園町・芝塚原・芝中田・芝西・芝樋ノ爪・芝富士・柳崎・柳根町】

芝地区は川口市の西端に位置しており、JR西川口駅や蕨駅が最寄りです。見沼代用水・藤右衛門川・戸田用水・八幡用水の4水路があり、橋が多いのが特徴。商業施設があるため、普段の買い物には困りません。市の西端に位置する芝園町は集合住宅の多いエリアでしたが、近年交通の整備や広場の設置など、徐々に開発が進められています。芝地区の地価や特徴を見ていきましょう。

安行地区

【安行・安行北谷・安行小山・安行慈・安行出羽・安行西立野・安行原・安行藤八・安行吉岡・安行吉蔵・安行領家】

安行地区は植木栽培が盛んな地域です。園芸農業が発達しており、川口緑化センターでは園芸販売や園芸相談を行っています。JAの農産物直売所もあり、新鮮な農産物を購入可能。最寄り駅は埼玉高速鉄道線戸塚安行駅で、JR川口駅からバスも出ています。スーパーやドラッグストアなどの商業施設も豊富。豊かな自然と利便性の高さが魅力の安行地区について、地価と特徴をまとめました。

戸塚地区

【北原台・久左衛門新田・行衛・大字差間・差間・長蔵・長蔵新田・藤兵衛新田・大字戸塚・戸塚・戸塚境町・戸塚鋏町・戸塚東・西立野・東川口】

戸塚地区は川口市の北東部に位置するエリア。地区内にはJR東川口駅があることから、東京のベッドタウンとして住宅が増えてきています。面積の多くが市街地で占められますが、新興住宅地が多く、これから家を建てる人にもぴったりでしょう。東川口駅周辺は大型ショッピング施設や24時間営業の店舗が多く、生活に便利です。戸塚地区の地価と特徴についてチェックしてみてはいかがでしょうか。

鳩ヶ谷地区

【鳩ヶ谷本町・桜町・坂下町・大字里・大字辻・三ツ和・南鳩ヶ谷・大字前田・八幡木・鳩ヶ谷緑町】

鳩ヶ谷地区は2011年まで鳩ケ谷市だったエリアですが、川口市の中心部に収まる形で位置しています。駅はあまり近くありませんが、バス路線が発達しており、蕨駅や赤羽駅へアクセス可能。道路も多いため、マイカーでの移動も便利です。駅前には商業施設に加えて、市民センターや医療機関もあります。鳩ヶ谷地区の地価や特徴について見ていきましょう。

川口市で利用できる補助制度

住宅の新築やリフォームなどは、地域によって補助金などが支払われることがあります。埼玉県川口市で注文住宅を建てる際に利用可能な制度についてもチェックしておきましょう。

制度 1 長期優良住宅制度

長期優良住宅とは、住宅構造や設備が長期間良好な状態で使用できるよう工夫が施された住宅のことを言います。従来のスクラップ&ビルド型の住宅事情から、ストック活用型の社会へと転換させるため、国土交通省によって推進されています。法的には、平成21年6月4日に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」として施行されました。

参考:国土交通省「長期優良住宅のページ」

制度認定のメリット

長期優良住宅に認定されると、所得税・登録免許税について以下のような優遇措置を受けることができます。

参考:(pdf)国土交通省「長期優良住宅に対する税の特例」

申請の仕方

まず、「登録住宅性能評価機関」に審査を依頼し、長期優良住宅の適合証を交付してもらう必要があります。そして次に「指定確認検査機関」で確認審査を受けて確認済証を交付してもらいます。最後に、長期優良住宅の申請書類に必要事項を記入して適合証と確認済証を一緒に川口市に提出する流れとなります。 注意点としては、評価機関・検査機関によってほとんどの審査は完了しますが、唯一「居住環境の維持及び向上への配慮」という項目については川口市で審査を行います。最終的に川口市から認定を受けるまで、補助金を受け取ることはできないので気を付けておきましょう。

制度 2 埼玉県多子世帯向け新築分譲住宅取得支援事業

埼玉県では、平成29年4月1日以降に新築分譲住宅を契約した多子世帯について、住宅取得にかかる諸経費を最大50万円まで補助する住宅支援を実施しています。少子化対策として、多子世帯の住環境の向上のために作られました。

対象世帯・対象物件

多子世帯とは18歳未満の子供が3人以上の世帯、もしくは18歳以上の子供が2人で3人目を希望する夫婦がともに40歳未満の世帯のことです。埼玉県では独自に子育て応援住宅の認定を行っており、子育て応援住宅証明書が交付された住宅が補助対象となります。

参考:(pdf)埼玉県公式ホームページ「埼玉県子育て応援分譲住宅認定制度」

申請の仕方

まずは子育て応援住宅に申請し、証明書を交付してもらう必要があります。すでに認定されている場合、申請書類を記入し、以下の書類を揃えて県庁住宅課へ郵送すると手続きは完了です。申請のタイミングは住宅が完成し、住民票の移転と登記が完了した時点となります。

  • 住民票
  • 埼玉県子育て応援住宅証明書
  • 建物の全部事項証明書
  • 売買等契約書の写し
  • 領収書など諸経費の支払を証する書類の写し
  • 住宅の平面図の写し