川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

川口市の注文住宅工務店の評価ランキング » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » ベランダ設計のポイント

ベランダ設計のポイント

マイホームとなれば様々な部分にこだわりをもつものですが、ベランダもその一つです。人によってそれぞれ「理想のベランダ像」があります。ベランダも他の部分と同様に気を付けなければならない点がいくつかあるので、その点を意識しておくと快適なベランダを実現できるはずです。

図面ではなく実際に「体感」してみよう

ベランダやバルコニーは図面だけではなく、実際にどれくらいの広さになるのか住宅展示場や見学会で「体感」することが大切です。図面だけですと、実際にどれ蔵広いのか分かりません。また、ただ単に広さだけではなく、隣家との距離やバルコニーの壁の高さ、開放感によって「体感的な広さ」は大きく変わります。理想のベランダ像を固めるために、まずは一度「体感」しておきましょう。

用途を明確にすること

ベランダの用途としては、やはり「洗濯物を干す」「布団を干す」が圧倒的に多いはずです。もちろん他にもリラックススペース、あるいはリビング的に使うこともできますし、用途は人それぞれでしょう。まずはどのような用途を想定しているのかを改めて考えてみるのが大切です。用途を固めれば、「そのためにはどのようなベランダが良いのか」は自ずと見えてきます。

ベランダの失敗談

失敗談は様々なことを教えてくれます。他人の失敗談を知れば「失敗してしまう原因」と「対策方法」が分かるので、これからベランダをと考えている人は人の失敗談を参考に、「失敗しないベランダづくり」に取り組んでみるのも良いでしょう。

周辺からの視線

失敗談として特に多いのが、「周囲からの視線」です。「外から丸見えになってしまった」「デザインにこだわるあまり、外からの視線を考えていなかった」などがあります。洗濯物もまた、プライバシーの一部です。外から自家の洗濯物が丸見えという状況は、あまり良いものではありません。

どこに設置するか、何を設置するかでプライバシーがどれだけ確保できるか決まります。

思ったよりも狭かった

こちらも多々見かける失敗談です。図面だけで確認したため、完成したベランダに足を運んで「思ったより狭い」と感じてしまうのですが、当然ですが「じゃあ広くします」とはいきません。業者側も図面だけとはいえ依頼主が納得してくれたものを作ったので過失はありませんので、結局は狭いと感じながら何十年と生活を送ることになります。

日当たりが想像と違った

これもよくある失敗です。日当たり面まで考慮したものの、周辺環境との兼ね合いを考慮していないと日当たりが悪くなってしまう可能性があります。日当たりは自宅だけではなく、周辺環境も構成要素の一つです。設計段階で周辺環境も考慮して設計を進めていきましょう。

まとめ

ベランダのポイントは多々ありますが、失敗談を知ることで、「じゃあ失敗しないためにはどうすればよいのか」が分かるはずです。業者も周辺環境を考慮して提案してくれます。家族とも話し合いながら、希望と実用性を両立できる「理想のベランダ」を追求してみましょう。