川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

第1位

藤島建設


藤島建設ロゴ


創業50年の豊富な実績を持つ工務店。自社栽培の国産材をしており、長期30年保証などメンテナンス体制なども充実しています。

公式HPはこちら

第2位

一条工務店


一条工務店ロゴ


さまざまな構法やノウハウを持ち、おもに木の家の注文住宅を手掛けています。趣向をこらした見学会も魅力的です。

公式HPはこちら

第三位

こもだ建総


こもだ総建ロゴ


国産材にこだわりをもつ、外断熱工法のパイオニア。ライフスタイルに合わせた立体的な設計をしてくれます。

公式HPはこちら

HOME » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » 川口市で理想の注文住宅を建てるまでの流れ

川口市で理想の注文住宅を建てるまでの流れ

注文住宅は、人生において大きな選択を迫られる大きな買い物の1つです。川口市で注文住宅を建てるのなら、後悔のないように、しっかりと計画を立てて、理想の我が家を作っていきたいものです。

しかし、大きな買い物だけに、前に経験したことのある人は、そう多くはありません。初めてのことなので、これからどのような流れで注文住宅を作っていくのか、不安に思うこともあるでしょう。

まずは自分のイメージを固めましょう

後悔のないよう、理想の我が家を実現させるには、自分や家族が家に何を望んでいるかを、明確にしなければなりません。注文住宅は、図面を描いて眺めるためのものではなく、実際に自分と家族が住むためのものです。

まずは大まかに、住まいに何を求めているのかをイメージしましょう。例えば、子供がのびのびと元気に育っていけるような家、夫婦の絆を大切にしたい家、木の香りのするような自然にあふれた家、都会的でハイセンスな家、外国の絵本に出てくるような可愛らしい家、などなど一緒に住む家族みんなの意見も取り入れながら、どのようなイメージの家にするか、方針を固めていきます。

どのような家を作りたいかというイメージが固まったら、次はどのハウスメーカーに依頼するかを決めなければなりません。

そして依頼へ

川口市には、様々な工務店やハウスメーカーがあって、どこに依頼すればよいか、迷うことも多いでしょう。そして、もっとも大きな問題の1つである、予算もあります。土地を買い、家を建てるための諸々にかけられる費用を概算して、それ以上はかけられないという金額を具体的に考えておきましょう。

そして次は、自分や家族の生活スタイルはどのようなものなのか、家族は何人いて、どのように部屋を使っていきたいのか、個室にできる部屋がいくつ必要なのか、どこにこだわりたいか、などを考えていきます。

ここで、フリーハンドでいいので、イメージする家の大まかな図面を用意しておくと、気になる工務店やハウスメーカーを訪れるときに便利です。工務店やハウスメーカー側で、その図面をもとに、きちんとした図面を出してくれます。

また、費用についての話に入ると、坪単価いくらなどといった具体的な金額も提示してくれます。この時点で、どの程度の広さの土地の購入予定があるか、その土地に何坪くらいの家を建てようとしているかを、おおよそでいいので決めておくと、具体的な話を聞けて、分かりやすくなります。

さらに、気になる工務店やハウスメーカーがいくつかあるなら、そのすべてで見積もりを出してもらうこともできます。見積もりは基本的には無料なので、比較して、もっとも理想に近くて、費用も適正なところを選んで依頼すればよいのです。

このとき、費用面で注意しなければならないのは、家づくりにかかる費用が、土地代と建物代だけではないことです。それ以外には、外構にかかる費用、新しくそろえる照明器具や家具などにかかる費用、引っ越しのための費用など、様々なものがあります。

ただし、これも工務店やハウスメーカーの担当者に質問したら、すべて教えてくれ、さらに工務店やハウスメーカーによっては、それらも含めた上での予算案を出してくれることもあります。

気になる場合はモデルハウスを見学

注文住宅は、実際に見てみないと分からない部分があります。また、実際に見ることで、どのような設備があるかも知ることができます。少しでも気になる工務店やハウスメーカーのモデルハウスは、基本的にはすべて見て回るとよいでしょう。

実際に建築された住宅を見ることで、図面や写真で見るだけではない建物全体の雰囲気を知るとこともできるし、モデルハウスには様々な最新設備や工夫が施されているので、家づくりの参考にもなります。

また、モデルハウスのほかにも、施工例として、オープンハウスなどで、その工務店やハウスメーカーが実際に建てた住宅を見学させてくれるところもあります。個人が実際に建てた家なら、モデルハウスとはまた違った、現実的な面も見ることができて、こちらも参考になります。

ただ、モデルハウスを訪れると、アンケート用紙に住所や氏名、電話番号などを書くように促されることが多く、そうすると早速営業マンが訪ねてくることも少なくないようです。それが煩わしくて、モデルハウスに入るのを躊躇することもあるかもしれませんが、一生に一度の大きな買い物と思って、後悔しないためにも、モデルハウス巡りは積極的に行うことをおすすめします。

実際に施工が始まり、家がどんどん作られていく段階になって、図面を変えるのは難しいことも多いので、少しでも多くのモデルハウスや施工例を見て、様々な設備や家づくりの工夫を知っておくのは大切なことです。

理想の我が家を実現させるためには、様々な苦労があり、面倒なことや嫌なことも多いものです。また、その過程で家族と意見が合わずに対立してしまうこともあります。でも、それらすべてが、実際に出来上がった家を見たら、吹き飛ぶような気分になります。

家族が一体となって作った家なら、さらに家族の絆も深まり、そこから新しい生活をスタートさせることができるでしょう。

 

この記事の関連のページ