川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

第1位

藤島建設


藤島建設ロゴ


創業50年の豊富な実績を持つ工務店。自社栽培の国産材をしており、長期30年保証などメンテナンス体制なども充実しています。

公式HPはこちら

第2位

一条工務店


一条工務店ロゴ


さまざまな構法やノウハウを持ち、おもに木の家の注文住宅を手掛けています。趣向をこらした見学会も魅力的です。

公式HPはこちら

第三位

こもだ建総


こもだ総建ロゴ


国産材にこだわりをもつ、外断熱工法のパイオニア。ライフスタイルに合わせた立体的な設計をしてくれます。

公式HPはこちら

HOME » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » 川口市の注文住宅にまつわる相談はどうすればいい?

川口市の注文住宅にまつわる相談はどうすればいい?

川口市で理想の我が家を手に入れるために土地を購入し、注文住宅を建てるのは、一生に一度か二度あるかないかの大きな買い物です。それだけに、何度も経験がある人はあまりいないでしょう。初めてのことで、分からないことだらけという人の方が多いはずです。

分からないことを分からないままにしておいては、せっかくの大きな買い物が、期待外れに終わってしまいかねません。注文住宅を作るときの相談は、どのようにすればよいのでしょうか。

疑問はプロにぶつけましょう

注文住宅を作るにあたっては、様々な疑問があるでしょう。自分と家族がイメージした家を作るためには具体的に何をすればよいのか、費用はどのくらいかかるのか、工務店やハウスメーカーはどこに依頼すればよいのか、などなど、疑問は次々と湧き上がってきます。

そして、注文住宅を現実的に作る決意が固まって、家づくりのイメージが具体的になればなるほど、細かい疑問も増えていきます。そんな多くの疑問は、自分で考えたり、家族で話し合ったり、インターネットで検索するだけでは、なかなか解消しない場合があります。

最も良いのは、プロに聞くことです。家づくりを職業にしているプロなら、すべての疑問に答えてくれるでしょう。

工務店やハウスメーカーの担当者に聞くだけでは、偏った回答になってしまうのでは、と思うのなら、注文住宅についての相談に乗ってくれる窓口もあります。相談は基本的には無料で、住まいに何を求めているのか、どのようなイメージの家を建てたいのか、個別に相談に乗ってくれ、それに最も適した工務店やハウスメーカーの担当者を紹介してくれます。

そういった窓口を利用したら、工務店やハウスメーカーの紹介や、契約、また断る場合もサポートしてくれることが多いようです。また、第三者の立場で相談に乗ってくれるので、工務店やハウスメーカーの良い点や悪い点も含めて、どこがよいのかを冷静に判断してくれるでしょう。

間取りはみんなの悩みどころ

注文住宅を作るにあたって、間取りは、最も悩ましい問題の1つであり、最も大切な問題の1つでもあります。

子供が安全に暮らせる家、和風建築にこだわった家、北欧風のオシャレな家、アメリカンスタイルの家、などなど、建てたい家のイメージは決まったものの、間取りを決めるにあたっては、なかなか家族の意見がまとまらないこともあります。

広い個室がほしい、リビングか広めがいい、バスルームを広く取りたい、キッチンは機能的になど、家族一人一人の価値観により、どの部屋を広く取りたいか、どこにお金をかけたいかで意見が分かれることもあるようです。

また、家族の絆を大切にしたいと、仕切りをあまり作らず、オープンな間取りにしたいとする一方で、小さかった子供が大きくなると、きちんと仕切られた個室を必要とすることもあります。

そして、間取りをあまり固定せずに、あとからリフォーム可能なようにする方法もありますが、後日リフォーム費用を捻出するのが難しくなることもあります。

何年も継続して使うことになる、大きな買い物ならではの問題で、家族の1人1人が年を追うごとに成長し、価値観が変わっていくことを考えたら、なかなか決めるのが難しくなってしまうでしょう。

人生最大クラスの買い物は後悔のないように

間取りをしっかり決めるのは難しいといっても、いつまでも悩んでいるわけにはいかず、いずれはきちんと設計図を作らなければなりません。そして、注文住宅は人生最大クラスの買い物なので、やはり後悔のないようにしたいものです。

家族で繰り返し話し合い、次から次へと出てくる疑問は、プロにぶつけて解消していきましょう。さらに、間取りが決まり、依頼する工務店やハウスメーカーも決まったら、もっと細かい疑問が次々と出てきます。

窓を広くとると、明るい部屋になる一方、窓だらけで壁が少ないと、家具を置く場所に困ったり、強度に問題が出てきたりします。どの程度窓をとればよいかのバランスも大切になってくるので、やはり相談は必要です。

また、キッチンの形も様々で、動線を考えたオープンキッチンにするのも便利だし、家族の様子を常に見ていることのできるカウンターキッチンも、子供が小さいうちなら特にいいものです。料理に専念したい人なら、独立型のキッチンを選ぶのもいいし、キッチンのごちゃごちゃを来客から隠すと同時に、ダイニングとのつながりも保つ半独立型のキッチンも悪くありません。家族みんなで料理を楽しみたいのなら、センターキッチンを選択することもできます。

どのスタイルが自分と家族に合っているか、家族で話し合ったり、プロに相談したり、住まいの見学会に参加したりしながら、決めていきましょう。

理想の我が家を実現させるためには、様々な段取りを踏んで、様々な疑問を解消しながら、一歩一歩進んでいかなければなりません。その過程で、家族の意見が合わずにケンカになったり、新しい経験にワクワクしたりと、色んなことがあります。

そのどれもが、家族の絆を深め、新しい家で新しい生活をスタートさせるための、大切な積み重ねとなっていくでしょう。

 

この記事の関連のページ