川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

川口市の注文住宅工務店の評価ランキング » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » 注文住宅の動線を設計する際のポイント

注文住宅の動線を設計する際のポイント

家づくりで重要なことといえば、住まいの広さやデザイン、空間を彩ってくれるインテリアなどを思い浮かべるかもしれませんが、視覚的に判断できるポイントとは異なる重要な部分があります。

それが家事動線や生活動線といった住まいの「動線設計」です。

このページでは、家族がストレスなく快適に暮らすためにどのように動線設計をすればいいのかをご紹介しています。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

間取りから考える家事動線

キッチンの家事動線

食事を作るとき、冷蔵庫・シンク・調理台などの間を少ない歩数でスムーズに移動できれば楽ですよね。キッチンの動線は横一直線になっているよりも、実は三角形を描くような動線になっているほうがより快適に動けるとされています。なぜなら冷蔵庫がシンクやコンロの後方にあれば、横に移動しなくても振り向くだけで済むようになるためです。

実際に調理する流れをイメージして、使用する道具の収納場所や家電の置き場所も考えることで、キッチンの動線はグッと良くなります。

水回りの家事動線

トイレやバスルーム、洗面台といった水回りの動線は、洗濯をするときの家事動線と照らし合わせて考えると良いでしょう。

さまざまな家事の中で、作業量という意味でも負担が大きいのが洗濯です。洗い終わった洗濯物を運んで干し、乾いたら取り込んで片付けるという一連の作業はやはり大変なもの。そこで優先したいのが「洗濯の際の移動距離を短くすること」です。

また、洗濯物を運ぶ動線と生活動線を分けて考えるのがポイント。それぞれのルートを確保すると、家族とすれ違うことが少なくなり、たくさんの洗濯物を抱えていても移動しやすくなります。

注文住宅に取り入れたい動線設計の一工夫

水回りの家事動線を集約する

家事をこなしながら子どもの様子も見られるようにキッチンと水回りを近くに置くのがおすすめです。水回りに動線を集約することによって家事動線をコンパクトにしてくれるだけでなく、お子さんがお手洗いやバスルームを使う際に注意を払えるのがメリット。

また、バスルームに隣接するように設置されることの多い洗濯機へも行き来しやすくなるので、調理をしながら洗濯もできます。

掃除の際の家事動線も考慮する

家事動線の中で、忘れがちなのが掃除をするときの家事動線です。ほかの動線と比べて無駄の多い動線になりやすい傾向があります。

また、部屋の床材の材質によっては最適な掃除道具が変わってきます。掃除機や掃除用ワイパーをスマートに置いておけるように、収納スペースを設けるのも良いでしょう。

キッチンパントリー(食品庫)を活用する

キッチンパントリーとはキッチンのそばに設置される食品貯蔵庫を指します。家族が増えていくにつれて、ストックしておきたい食品や非常食も増えていきますよね。

キッチンパントリーを設けることで、たくさんの食品や非常食をストックできます。調理中に足りない食品に気づいても、すぐに取りにいけるので便利です。

ランドリールームを活用する

洗濯をするときに、洗濯機の近くに洗濯物を干すスペースを作っておけば、毎日快適に洗濯できます。ランドリールームは、その理想を実現してくれるスペースです。

また、ランドリールームを住まいの間取りに取り入れるのであれば、その近くに家族共用のウォークインクローゼットを配置することで「洗濯・干し・収納」までを最短の距離で行えるようになります。

家事動線と生活動線を分ける

家族の生活を支えるお母さんが作業しやすいように家事動線を考えるのは、とても重要なことです。しかし、家事動線ばかりを考えてしまって、家族が移動しづらいといった不快感を与えてしまうのも良くありません。

そこで、家事動線と共に考えるのが生活動線です。基本的に家事動線と生活動線は分けて考えるべきですが、その反面それぞれの動線を確保するためには、住まいの坪数が増えるということがデメリットになります。