川口市の注文住宅工務店の評価ランキング

家づくりにこだわりを持つ川口市の注文住宅ランキングはココ!

第1位

藤島建設


藤島建設ロゴ


創業50年の豊富な実績を持つ工務店。自社栽培の国産材をしており、長期30年保証などメンテナンス体制なども充実しています。

公式HPはこちら

第2位

一条工務店


一条工務店ロゴ


さまざまな構法やノウハウを持ち、おもに木の家の注文住宅を手掛けています。趣向をこらした見学会も魅力的です。

公式HPはこちら

第三位

こもだ建総


こもだ総建ロゴ


国産材にこだわりをもつ、外断熱工法のパイオニア。ライフスタイルに合わせた立体的な設計をしてくれます。

公式HPはこちら

HOME » 満足!納得!家づくりこだわりポイント » オール電化のメリット・デメリットを紹介

オール電化のメリット・デメリットを紹介

オール電化について漠然と理解はしていても、具体的なメリット、デメリットを分かっている人はそれほど多くないのではないでしょうか。

実は、オール電化の導入によって光熱費が安くなるか、より快適な生活が送れるか否かは、各家庭の生活スタイルにもよるのです。

早まって失敗しないためにも、良い点も悪い点もしっかりと把握しておきましょう。

 

ガス代いらずで便利でお得!災害時にも安心・安全

1.深夜電力の利用で光熱費をグーンと節約

オール電化のメリットと言えば、やはり第一には光熱費のコスト削減です。当然ながらガスを使わなくなるため、これまでガス代と電気代の両方でかかっていた基本料金を一本化できます。 また料金が安い深夜電力を活用してお湯を沸かし貯めておくことで、さらなる節約が可能になるのです。

2.安全性を求めるなら、やっぱりオール電化

ガスコンロの代わりにIH調理器を設置すると、火を使わなくなりますから引火などによる火災のリスクは減ります。またガス漏れや一酸化炭素中毒の危険もなくなります。 ガスが燃焼することによる空気汚染もありませんから、特に小さなお子さんがいる家庭にとっては安心ですね。

3.災害からの復旧が一番早いのは電気!

数々の災害の経験から、ダメージを受けたライフラインの中で最も復旧が早いのは電気だということが分かっています。 オール電化の住宅なら、家電はもちろん、料理や湯沸かしに使えるIH調理器の利用も早いうちに再開できますから、いざという時にも心強いでしょう。 さらにオール電化住宅に備え付けられた電気給湯器は貯水式のため、断水時の生活用水としても活用できて便利です。

知っておかねば後悔のもと!オール電化のデメリットを確認しよう

1.使い方次第ではかえってコスト高に

節約上手のイメージのあるオール電化ですが、そもそも設置コストが高い上、場合によっては設置後も家計の負担となってしまうことがあります。その原因の1つが、料金が高い日中の電力使用です。先述のように、オール電化住宅は安い深夜電力を活用してお湯を貯めることで電気代を節約しています。

ですが、例えば使用量が多い場合には、お湯が切れて電気代の高い時間帯に追加で沸かさなければならなくなり、ガス給湯より高くつくこともあります。また日中に在宅し家電を使うことが多いと、それだけで電気代がグンと上がってしまいます。

2.「火がない」ことは不便も多い

火を使わなくて安心なIH調理器ですが、デメリットとして火力が弱いことが挙げられます。料理が好きで火力にこだわる方にはあまりお勧めできないようです。 使える調理器具が鉄製などに限定されてしまうのも欠点でしょう。近頃では、ガスコンロのない家庭では子どもが火の危険性を覚えにくいという、教育上の問題も指摘されています。

3.貯湯タンクの意外なデメリット

オール電化住宅に備え付ける電気給湯器は、貯湯量によっては2メートルを超える大きさのものもあり、屋外のスペースをかなり取ってしまいます。 そしてよく言われるのが、水道直圧式ではなく内臓ポンプでお湯を送るため、水圧が弱くなるということです。

さらにはタンクに一定時間お湯を貯めて使うため、そのまま飲用に用いることはできません。時間が経つと汚れなど衛生面が気になる人もいるでしょう。

以上のことから、オール電化を導入すべきか否かは、電気の使用状況や在宅時間、家族構成によって変わるということが分かります。工事費等を考えると、一度設置するとなかなか元に戻すことはできないため、さまざまな条件を比較してよく検討するようにしましょう。

 

この記事の関連のページ

川口市の注文住宅工務店20選

注文住宅会社選びで役立つ6つの条件

満足!納得!家づくりこだわりポイント

川口市の地域別・土地価格

選ぶポイントは体験者の声が教えてくれる